現地レポート

【プノンペン】続々進出する日系ホテルを現地レポート

こんにちは、THP代表取締役のソチアです。近年、カンボジアの高い経済成長率を見込んでプノンペンでは、日系高級ホテルが進出しています。プノンペン経済特区にはアジア各国の企業が進出していますが、その半数は日系企業が占めています。そんなカンボジアにおける新たな国際ビジネスの連携拠点の創出を目的として、日系ホテルを中心としたオフィス、店舗から構成される複合施設が建設されています。今回は、プノンペンで現在建設中の日系ホテルを写真・映像を交えて紹介します。


カンボジア不動産について無料相談する


 

ホテル・ニッコー・プノンペン(2022年開業予定)

「ホテル・ニッコー・プノンペン」は、首都プノンペンのトゥールトンポンエリアにおいて、日系企業が初めて開発を行う大規模複合施設内に開業します。当施設は、カンボジアにおける「新たな国際ビジネスの連携拠点の創出」と「日系企業及びカンボジア企業の共同事業による日本建築技術の継承」を目的としており、ホテルやオフィス、店舗から構成される予定です。ホテル客室は14~22階に配置され、客室標準面積約36㎡、総客室数は201室を予定しております。日本料理、オールデイダイニング、最上階の23階にはプノンペンの市街地を一望できるスカイデッキバー等の飲食施設を備え、ビジネスとレジャーのお客様のニーズを幅広く取り入れていく予定です。

ホテル・ニッコー・プノンペン 【所在地】 No. 280, Street 430, Phum 4, Sangkat Toul Tompong 2, Khan Chamkamon,Phnom Penh, Kingdom of Cambodia 【階数】 地上23階、地下4階(ホテルは14~23階) 【客室数】 約201室

「建設予定地に行きましたが建設は始まっていませんでした」

 

オークラ プレステージプノンペン(2023年開業予定)

「オークラ プレステージプノンペン」は、東西にメコン川とトンレサップ川を臨むチョロイチャンバー(Chroy Changvar)半島の新興開発エリア「The Bay」に位置し、住宅、サービスアパートメント、商業施設等の建設が予定されている複合開発地域の一角を成し、王宮やプノンペン市街の街並みを一望出来る絶好のロケーションにあります。ホテルは、総客室数250室規模となり、市内随一の広さを誇る客室に加えて和食レストランなどの飲食施設、機能的な宴会場と会議室を備えています。このエリアには高級ホテル・ソカホテルプノンペンがあり、ホテル以外にも日系病院のサンライズジャパン病院があります。

オークラ プレステージプノンペン 【所在地】Street Kulalom, Village 2, Sangkat Chroy Changvar, Khan Chroy Changvar, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia 【階数】地上40階 【客室数】約250室

 

 

サンライズジャパン病院
近隣で新しく建設されたマンション

「こちらもまだ建設は始まっていませんでした」

 

カンボジア不動産について無料相談する