カンボジア情報

カンボジア最大手銀行・アクレダバンクの口座開設ができます!

カンボジア・アクレダバンクの口座を日本から開設することができます。カンボジア不動産所有者の多くは、カンボジアの銀行口座を開設して賃料収益などを預金しています。預金金利が高いことはもちろん、ドル資産を蓄えることができるのが魅力なのです。グルーヴィ株式会社では、アクレダバンクの口座を日本に居ながら開設するためのサポート業務や口座開設後のアフターケア的サポート業務をおこなっております。もちろん不動産を購入していなくても口座開設はできます。


カンボジア不動産について無料相談する


 

国際分散投資の必要性

「国際分散投資」は、投資範囲を外国まで広げて分散投資することで、自国に今後起こるかもしれないアクシデントなどに対してリスクを低減させる効果があります。世界経済が減速傾向にある現在、自国優先主義などが台頭してきておりアクシデントなどのリスクが高くなっています。今後、様々なリスクに備えるためにも「国際分散投資」は大切になってきます。特に世界の基軸通貨でもある米ドル資産への投資は必要不可欠となります。

米ドル資産を形成するならばカンボジアの銀行は最適です。日本の米ドル預金や本場であるアメリカよりも高い金利で預金することができます。通常、東南アジアの他の国では現地通貨預金のうえ、非居住者は銀行口座が開設できない国が殆んどです。しかし、カンボジアでは非居住者であっても銀行口座の開設や定期預金を組むことができます。(今後、制度が変わることもあります)これまでは、カンボジアの銀行口座を開設するには現地に直接行く必要がありましたが、現在は日本から郵送で口座開設できるようになりました。

 

アクレダバンクとは

アクレダバンクは、カンボジア256拠点・ラオス41拠点・ミャンマー6拠点を持ち純利益や預金高でもカンボジア他行を圧倒しており、日本企業が筆頭株主(三井住友銀行18.25%、オリックス12.25%)でもあるカンボジアの最大手商業銀行です。

アクレダバンク概要

設立 1,993年国際労働機関(International Labour Organization)、国連開発計画(United Nations Development Programme)により
資本 三井住友銀行18.25%、オリックス12.25%、従業員持ち株会、ジャーディン・グループ、COFIBRED(フランスの金融 グループ)
本社 #61, Preah Monivong Blvd., Sangkat Srah Chork,Khan Daun Penh, Phnom Penh, Cambodia
URL http://www.acledabank.com.kh

 

アクレダバンク米ドル定期預金金利

(2019年9月時点) ※非居住者は源泉徴収税14%

定期預金種類 取引内容 期間 金利(税引後※)
Hi-Growth
Fixed Deposit 
預入期間が満期を迎えた際に元本および利息が普通預金口座に支払われます。 3ヶ月 1.25%(1.075%)
6ヶ月 3.00%(2.580%)
12ヶ月(1年) 4.50%(3.870%)
24ヶ月(2年) 4.75%(4.085%)
Hi-Income
Fixed Deposit 
毎月利払いがあり、元本は満期時に普通預金口座に支払われます。 3ヶ月 1.00%(0.860%)
6ヶ月 2.00%(1.720%)
12ヶ月(1年) 4.25%(3.655%)
24ヶ月(2年) 4.50%(3.870%)
Long-Term
Fixed Deposit 
3ヶ月毎に利払いがあり元本は満期時に普通預金口座に支払われます。  36ヶ月(3年) 5.50%(4.730%)
48ヶ月(4年) 6.00%(5.160%)
60ヶ月(5年) 6.50%(5.590%)

 

アクレダバンクデビットカード&ネットバンク

アクレダバンクデビットカード(VISA・Master・JCB)は、日本でのお買い物はもちろん、日本のATM(セブン銀行・ゆうちょ銀行)から日本円での引き出しが可能です。また、インターネットバンクも利用できるので、残高確認や送金手続き、その他様々な手続きも日本に居ながらおこなうことができます。

 

口座開設までの流れ

トークンアプリを必要とするため、スマートフォンが必要です。またパスポート有効期限が6ヶ月未満のものは使用できません。

1. インターネットまたは対面にてアクレダバンク口座開設申込基本入力シートを作成

アクレダバンク口座開設サポート http://www.groo-vy.jp/

2. 郵送されてきたアクレダバンク口座開設申込書を作成(対面でも可能)

3. 作成したアクレダバンク口座開設申込書とパスポートの認証手続きをするため公証役場に行く

4. アクレダバンク口座開設完了後、ネットバンク開通作業を行う

 

まとめ

カンボジア不動産投資とともに、アクレダバンク口座を開設すればより良い資産形成が実現できると思います。是非、この機会にご検討下さい。資料請求・お申込みは下記をクリックしてサポートサイトに移行して下さい。

カンボジア不動産について無料相談する